サーモアイシリーズの続き

2019年01月17日

みなさこんにちは

現場監督の坂入です

今回もサーモアイシリーズについてご紹介します

 

上塗り・下塗りダブル反射 塗膜トータルでの高い遮熱性能

上塗りには「赤外線透過テクノロジー」を採用。上塗りの遮熱性能を向上させただけでなく、上塗り層で反射できない赤外線をなるべく吸収させずに透過させることで、下塗り者熱性能との相乗効果を発揮します。

「ダブル反射」は上塗りと下塗りの遮熱効果を最大限に引き出した遮熱システムです。

 

 

JIS K 5675/屋根用高日射反射率塗料取得/グリーン購入法の特定調達品目

平成25年2月5日「国等による環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の改訂に伴い、特定調達品目とその判断基準が見直され、JIS K 5675が特定調達品目に選定されました。「サーモアイ4F」および「サーモアイSi」、「サーモアイUV」はJIS K 5675屋根用高日射反射率塗料の規格品でグリーン調達の判断基準を満たします。

 

環境技術実証事業により効果を実証

環境技術実証事業とは、環境省の主導により、環境保全効果等が有用な技術の普及促進と、環境産業の活性化を目的として実施されている事業であり、第三者機関による客観的な評価によって、その効果が実証されます。サーモアイはこの実証事業において、効果を実証されています。

 

 

施工実績

※注意:削減量は環境条件などで変わります。紹介した事例の場合における削減実績で、同様の効果を保証するものではありません。

 

サーモアイの遮熱効果

 

栃木県某工場の場合(日本ペイント遮熱塗料での例)

屋根面 平成20年8月20日14:00/ 外気温32.6℃

 

室内 未施工部 34℃ ⇒ 施工部 30℃ 4℃削減!

 

天井面 平成20年8月20日14:00/外気温32.6℃

 

 

実証結果

工場棟の天井面に塗装後撮影した。未施工の左側は赤く温度低下が見られない。施工した右側は天井面は温度が低下した。

 

 

本日は以上です

また次回もよろしくお願いします

 

ユタカホーム 坂入