シルビアWFのご紹介!

2018年11月19日

みなさんこんにちは

現場監督の坂入です

 

今回は前回書いた、シルビアWシリーズの続きを紹介していきたいと思います

 

 

北区 上十条 N様 塗材 シルビアWF(日本特殊塗料株式会社)

 

  • 施工前

  • 施工後

 

 

施工が終わり、シルビアWF-400(塗材)のご紹介をさせていただきます。

 

 

1液水性フッ素樹脂塗料

 

「シルビアWF-400」はシリーズ中もっとも優れた塗膜性能をもつ1液常温乾燥型の水性上塗塗料です。

フッ化ビニリデンをベースにした高フッ素含有のエマルションを採用。優れた耐水性、耐候性を発揮し、1液水性塗料では不可能とされていたマジックインキ汚染除去性やカーボン汚染除去性、耐薬品性も有しています。また、親水性成分を組み込んでいるため、従来の溶剤型フッ素樹脂塗料よりも汚染を大幅に低減できます。1液タイプのため作業性も向上。まさに現在のニーズにあった、新しい水性塗料です。

 

特徴

①フッ化ビニリデンをベースとした高フッ素が耐候性を実現(耐候性1種試験[サンシャインウェザーメーター4000時間])。抜群の耐候性で建物をまもちます。

 

②高フッ素と親水成分の組み合わせが優れた耐汚染性を発揮。汚れのつきにくい、美しい外観を長期間保持します

 

③1液の水性タイプのため、塗料の調合などの作業が不要で、取り扱いも簡単です。

 

④塗料中には、有機溶剤をはとんど含んでいないため低臭です。このため、居住者や施工者にも安全です

 

 

標準塗装仕様

 

①素地使用

 ●ホコリ、油分、汚れなどの付着物を撤去し、清掃してください。

 ●セメント素地はよく感想させ、含水率10%以下、pH10以下にしてください。

 ●不陸や目違いなどはあらかじめ補修してください。

 

 

②下塗

 ●コンクリート、モルタル無機外装ボードはシルビアWプライマー、またはNT水性カチオンプライマー、もしくはシルビアWEプライマーを使用してください。

 施工方法 ローラー、エアースプレー、エアレススプレー

 使用量 0.1~0.15kg/㎡(生塗料)

 施工間隔 4時間以上(23℃)

 

 

③中塗り

 ●「シルビアサーフ」をはじめ、さまざまな複層仕上塗材の中塗が使用できます。

 ●中塗は省略することも可能です。

 ●各種防水型複層仕上塗材(または各種複層仕上げ塗材)の中塗の調合・施工方法・使用量・施工間隔はしようされる塗材の使用に準じてください。

 

 

④上塗(1)

 施工方法 

 ●刷毛・ローラー{シルビアWF-400 16kg + 水 0.3~1kg}

 ●エアースプレー・エアレススプレー{シルビアWF-400 16kg + 水 1~2kg}

 使用量

 0.12~0.15kg/㎡(生塗料)

 回数

 1回

 施工期間

 2時間以上(23℃)

 

 上塗(2)

 施工方法 

 ●刷毛・ローラー{シルビアWF-400 16kg + 水 0~1kg}

 ●エアースプレー・エアレススプレー{シルビアWF-400 16kg + 水 1~2kg}

 使用量

 0.12~0.15kg/㎡(生塗料)

 回数

 1回

 

 

 

本日は以上です

ここまで読んでいただきありがとうございます

次回はシルビアWシリーズ最後のシルビアWA-100を紹介します

 

ユタカホーム 坂入